4月の学校の様子

~学校便りから~


始業式

1学期の始業式では代表児童の発表として

2名が発表してくれました。

3年生は、「読書をいっぱいしたい」「3年生からは総合の学習があるので、レタス作りを頑張りたい」

6年生は「自分で考えて行動したい」「友だちを大切にしたい」「児童会を引っ張っていきたい」こと等、目標・決意を述べてくれました。

校長先生からは、全国一である川上村のレタスの頭文字を取って、今年1年間の願いをお話しいただきました。

「レ」…礼儀良く…ありがとう、おはよう等の挨拶を進んでしたり、言葉遣いに気をつけたりしましょう。

「タ」…たくましく…辛いこと、苦しいこと、いやなことがあるかも知れませんが、乗り越えていきましょう。

「ス」…スクラム…みんなで助け合って手を取り合っていきましょう。

こんな点を全校のみんなでやっていけるようにしたいと思います。  

入学式

入学式では、新1年生16名をお迎えしました。1年生は、ピッカピカのランドセルを背負って、どの子も嬉しそうに登校してきました。入学式では、『ドキドキドン1年生』の歌も、元気いっぱいに歌うことができました。

 川上第一小学校のお兄さん、お姉さんはみんな優しいので、わからないことや困ったことがあったら、どんどんお願いしたり、助けてもらったりできると思います。

 

 1日も早く、学校生活に慣れ、勉強や運動、遊びをいっぱいしてほしいと思います。



避難訓練

4/18(月)、避難訓練を実施しました。今回は、火災を想定した訓練でしたが、いざという時に、どう行動したらいいのかを確認し合いました。

火災で避難するときに大切なことは、

    「お・は・し・も」は避難の合い言葉

「お」=おさない「は」=はしらない

「し」=しゃべらない「も」=もどらない

    非常ベルが鳴ったら、口を閉じて放送を聞く。

    教室を出るときは、火のまわりを防ぐため窓・ドアを閉める。

    避難の際はハンカチなどで口をふさぎ、できるだけ身を低くして動く。 

ということです。万が一の時でも避難できるように、全校が気持ちを引き締めて取り組めた避難訓練でした。   

1年生を迎える会

4/20(水)に「1年生を迎える会」を行いました。新たに16名の1年生を迎え、この日のために6年生が企画・準備・運営のすべてを、中心となって進めてくれました。

オープニングは、6年生が、1年生をおんぶしての入場でした。照れくさそうにしながらも、嬉しそうな1年生の表情が印象的でした。

次に1年生の自己紹介がありました。自分の名前と将来の夢を、びっくりするくらいしっかりと発表してくれました。

 

その後、学校にかかわる○×クイズをしたり、ジャンケン列車をしたりして、1年生に楽しんでもらいました。ジャンケンをする度に体育館中に大きな歓声が響いていました。最後に全校が手をつないで大きな輪になって、これから全校が心も1つにしてがんばっていこうというメッセージとなりました。



参観日・PTA総会

4/22(金)は、今年度最初の授業参観日でした。入学・進級したお子さんの授業の様子はいかがでしたでしょうか。1年生国語、2年生国語、3年生総合、4年生国語、5年生社会、6年生家庭科の授業でしたが、どの学年も、学習課題に真剣に向き合う姿を参観いただけたかと思います。

 また、PTA総会も開催されました。いよいよ新PTA役員さんを中心とする平成28年度のPTA活動が発足となりました。

児童総会

4/26(火)には、児童総会がありました。今年度の児童会スローガンは、『あいさつを、すすんでがんばり、なかよしだ。かしこく元気、校舎キラキラ』です。そして、スローガンに込められた代表委員会の願いは[・すすんであいさつする第一小 ・長野県で一番仲の良い学校 ・考えて動ける人になろう ・清流清掃をがんばり、きれいな学校にしよう]です。

スローガンもそこに込められた願いも、情熱が感じられ、今年も目標に向けた児童活動に、大いに期待ができそうです。


5月・6月の学校の様子

レタスの苗植え

6月2日(木)、3年生が学校の畑にレタスの苗を植えました。役員さんをはじめ、保護者の皆さんにご協力いただき、苗植えをすることができました。このまま順調に育っていけば、7月20日前後には出荷できるのではないかということです。今回、レタスの苗植えを初めて経験したというお子さんもいますし、ご家庭でレタス作りをされている家庭のお子さんは、さすがに慣れた手つきで植えていました。

 

今年もレタス学習を通して様々なことを学んでいけることと思います。

田植え

3日には、5年生が川上村で唯一の田んぼ(学校田)へ苗を植えました。米づくりの学習は、社会科や理科の学習内容とも合わせ、総合的な学習の時間を使って多くのことを学んでいきます。

 

子どもたちは、田おこし・代かきを終えた田んぼに、役員さんや保護者の皆さんに教えていただきながら、苗を丁寧に植えていきました。1時間ちょっとで、無事に田植えを終えることができました。これからは、毎日の水管理が子どもたちの仕事になります。秋には、収穫祭を予定しています。おいしいお米がたくさん収穫できるようにこれからも頑張って育ててほしいと思います。


全国植樹祭

5日(日)、第67回全国植樹祭が長野市Mウェーブを会場に開催されました。前日4日(土)には、5,6年生20名がリハーサル見学に行き、全国植樹祭の雰囲気を味わってきました。

 

全国植樹祭当日は、6年生代表児童9名が、天皇陛下のお手植え、リレーセレモニー、記念植樹の介添えをしました。長野県には約50年に1度の式典となりますので、大変、貴重な体験となったと思います。

音楽会に向けて

6日(月)、音楽会に向け、今年渡邉陸雄先生にご指導をいただきました。その中で、歌い方、演奏の仕方などの技能面だけでなく、一人ひとりの合唱に寄せた気持ちの大切さについても教えていただきました。本番ではどの学年も、渡邉先生から教えていただいたことが表現できることと思います。クラスみんなでやり遂げた達成感を大事にしながら、今後の学習につなげていきたいと思います。

 

保護者の皆様には、農繁期のお忙しい時期ではあるかと存じますが、子どもたちの演奏をぜひお聴きいただきますようお願い申し上げます。


7月の学校の様子

7月参観日・親子講演会

 7/7(木)の授業参観日には、大勢の皆様にご来校いただきありがとうございました。

今回は、授業参観に加え、PTA研究集会としまして教養部主催の親子講演会が開催されました。講師としてボディーコンディショニングファクトリー社長の関賢一先生をお招きし、親子で正しい姿勢や体力作りについて学ぶ機会となりました。

 

懇談会では、1学期の学習面や生活面の様子について話し合ったり、夏休みの過ごし方について担任から話をさせていただいたりしました。1学期の一人ひとりの成長の姿をしっかり受け止め、2学期につなげていきたいと思います。

二小との交流会

7月は、1~4年生が第二小学校に出向く交流会を行いました。学校前の千曲川で一緒に川遊びをしたり、プールで泳いだり、体育館でゲームをしたりと、学年毎に様々に工夫した交流ができました。

 

 

 

2学期にも二小との交流会を計画しています。

今度は、二小の子どもたちが一小に来て交流をします。

どんな交流が行われるのか楽しみです。


3年生レタスの収穫祭

7/21(木)、3年生が大切に育ててきたレタスの収穫をしました。大勢の保護者の皆さんにご協力いただき、無事に収穫することができました。

お陰様で200箱近い収穫となりました。

また、業間休みには、収穫したレタスの試食会を3年生が計画してくれました。全校児童に大好評で、「おいし~!」と何度もおかわりをする子どももいるほどでした。

 3年生が出荷したレタスは、広島県のスーパーで売られて、大勢の人に食べてもらっていることでしょう。このレタス作りは、本校の「キャリア教育」の一環として、これからもしっかりと引き継いでいきたいと思います。

5年生キャンプ

 7/20(水)7/21日(木)、この1週間前に予定されていたのですが、雨のため延期になっていた5年生の自然体験学習キャンプを実施しました。今年度は、二小の5年生と初の合同キャンプでした。

1日目は、テントの設営をしたり、川で遊んだりした後、夕食準備、キャンプファイアーをしました。キャンプファイアーでは、赤々と燃える炎の周りで楽しくフォークダンスをしたり、花火をしたりして、二小の友だちとも仲良く、楽しい思い出をたくさん作ることができました。

2日目は、自然教室を行いました。のこぎりで木を輪切りにし、ペンダントを作りました。木が堅くて切るのが大変でしたが、思い出のつまったペンダントが完成し、みんな満足そうでした。     

 

2日間のキャンプを通して、子どもたちは、責任や協力などの大切さを、たくさん学んできました。この経験をこれからの学習につなげていきたいと思います。


8月の学校の様子

二学期がスタート

8/22(月)、2学期始業式では、全校が体育館に集まるまで、先に来たクラスは静かに座って待つという、落ち着いたスタートとなりました。

その中で、1年生と4年生の子どもたちが2学期のめあてを発表してくれました。「書き順を正しく書きたい」「外でいっぱい遊びたい」など、2学期に頑張りたいことを教えてくれました。

 校長講話では、夏休み中、プール、ラジオ体操、地区行事、みどりの少年団、スケートクラブ練習、水泳大会などがあったこと、リオオリンピックに感動したことを話しました。よい2学期になるよう目標を持ち、新たな気持ちで、頑張っていってほしいと思います。

また、偏光板(光を通すプラスチックの板)の不思議な話をしました。偏光板を友だち関係に見立て、2枚をずらして直角に重ねると、光が通らず黒くなってしまいますが、その間にもう1枚偏光板を入れると、少し明るさを取り戻す不思議さを実感してもらいました。友だち関係でも、2学期、仲良く助け合える関係を築いていってほしいです。

2学期は登校日数が84日という1年で一番長い学期となりますが、引き続き保護者の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

頑張った水泳学習

夏休み明けには、各学年ごと、水泳参観日を設定させていただきました。保護者の皆様には、暑い中、またお忙しいところ、子どもたちの水泳学習をご参観いただきありがとうございました。一人ひとりの泳いでいる表情からは、今年も授業や夏休み中に、子どもたちが一生懸命に頑張ってきたことがおわかりいただけたことでしょう。

また、夏休み中の監視当番では、暑い中、長時間にわたり監視していただきありがとうございました。お陰様で大きな怪我や事故もなく、無事にプール学習を終えることができました。

 

 今シーズンの水泳学習は終わりました。自分の目標を持って水泳学習に臨んできた今年の学習を振り返り、来年へつなげてほしいと思います。 


5・6年「自然に親しむ日」

5・6年生は金峰山登山に挑戦しました。当日は、朝から快晴で、登山にはもってこいの1日となりました。

 

 延々と続く緩急のアップダウンに加え、頂上までの登り約4時間、下山に約3時間かかる厳しいコースでしたが、本格的な登山が初めての5年生も、登山2回目の6年生も、全員元気で無事に行ってくることができました。今年度も、二小との合同登山でしたが、登山の途中で一小・二小が2列に並んで歩き、会話をしたり励ましの声をかけ合ったりする場面もありました。一小と二小が、お互いの交流を深めることができた有意義な金峰山登山となりました。

運動会に向けた学習

もうすぐ校庭運動会です。水泳学習が終わると同時に本格的に運動会に向けた学習が始まっています。

 

まだまだ残暑が続くと思いますが、健康管理に十分留意し運動会当日を迎えたいと思います。ご家庭でもご協力よろしくお願いします。

 運動会当日は、多くの保護者の皆様、地域の皆様の

 

ご来校を心よりお待ち申し上げます。


自分の命は自分で守る

9/1(木)は「防災の日」でしたが、本校でも避難訓練が行われました。地震を想定した訓練でしたが、全校が素早く行動し、避難できました。

講話では、「1923年の関東大震災では、10万人以上の方が亡くなったこと、5年前の東日本大震災、今年の熊本地震など、最近でも大きな地震があること、そして地震の恐ろしさを知ると共に、自分で判断して避難しなければならないこともあるので、真剣に考えて行動できるように」といった内容を、学校長から子どもたちに話しました。

今回は、学校防災アドバイザーの信大教授・榊原保志先生が視察に見えられたので、お話をしていただきました。「川一小の子どもたちは、本当に真剣にやっていた。避難にかかった時間は、444秒でとても早くてよかった。」とおっしゃってくださいました。


「自分の命は自分で守る」は、これからも地震や避難について学習して、その力を身につけてほしいと思います。ご家庭でも、地震・火災の時には、どうしたらよいのかお子さんと話し合ってみてください。


9月の学校の様子

運動会

 

 秋雨前線の影響で、はっきりしない天候が続いていたわけですが、さわやかな秋空のもと、予定通り17日(土)に、校庭運動会を開催することができました。ご来賓の皆様、地域の皆様、保護者の皆様方に大勢お越しいただき、開催することができましたことに心より御礼申し上げます。

 また、PTA役員の皆様には、前日準備・当日のご協力いただきありがとうございました。
今年の運動会のスローガンは「一勝懸命~気持ちを一つに 赤白全力で戦いぬけ~」でした。このスローガンの達成に向けて、運動会特別時間割の中でも、本番でも、全校児童が一生懸命取り組みました。運動会が盛会の内に終了しましたこと、多くの皆様にご協力いただき、心より感謝申し上げます。今後とも、よろしくお願いいたします。

10月の学校の様子

秋の読書旬間

山々の紅葉が始まり、色鮮やかな季節となりました。秋は、「読書の秋」「スポーツの秋」「食欲の秋」「芸術の秋」等と言われますように、いろんな体験や経験・学習ができる季節です。
10/3(月)から18日(火)は、『読書旬間』でした。期間中は、子どもたちが本に親しんでくれることを願い、様々な活動を計画しました。「全校一斉読書」「親子読書」「図書委員による読み聞かせ」「佐久穂町だるま座の皆さんによる読み聞かせ」「職員による読み聞かせ」「校長講話」など、盛りだくさんの内容でした。期間中は、保護者の皆様にも、親子読書等でご協力いただきありがとうございました。旬間は終わりましたが、引き続き読書に親しみ、学力につながるようにしてまいりましょう。

家族祖父母参観日

10/21(金)の参観日には、祖父母の皆様をはじめ、大勢の皆様にご来校いただきありがとうございました。普段の参観日とは違い、おじいさん、おばあさんがお見えになるということで、どの学級もはりきって授業が進んでいたように思います。
また、「川一のつどい」では、それぞれで取り組んできた学びの成果を発表しましたが、子どもたちの成長ぶりはいかがでしたでしょうか。1年生の可愛らしいダンスや演奏に拍手をいただいたり、総合的な学習の時間での取組・社会見学のまとめなど、ご参観いただいたり、ありがとうございました。


マラソン記録会

10/27(木)、マラソン記録会を行いました。朝からすばらしい秋晴れの天候の中での開催となりました。大勢の保護者の皆様、地域の皆様の大きなご声援をいただきながら、子どもたちは、元気よく最後まで走り切ることができました。
 子どもたちは、マラソンタイムや全校体育、体育の授業の中で練習を続けてきましたが、その成果を発揮していました。各自が自分の目標に向けて、努力する姿をご覧いただけたかと思います、この記録会での頑張りを自信とし、子どもたち一人ひとりが次の目標につなげていってほしいです。体力の向上にも向けて、「継続は力なり」をこれからも心がけてほしいと思います。

11月の学校の様子

なかよし月間

11月7日(月)~12月2日(金)は、『なかよし月間』でした。この月間で、「よりよい友だち関係づくり」について、全校が本気で考え合いました。あいさつは自分から進んですること、友だちを「さん」づけで呼ぶこと、言い方を考えることなどを、「なかよし清掃」「人権標語の作成」「なかよしの木」「なかよし集会」「にこにこランチ」「参観日での授業参観」「なかよし祭」など、数多くの活動を通して学びました。

「なかよしの木」では、大きな木の幹や枝に、葉っぱがたくさん付きました。そこには、友だちからされて嬉しかったこと、友だちに感謝したいことなどが書かれています。
[Yさんへ:いつもあいさつしてくれて、ありがとう。これからもいっしょにあそぼうね。]
[Kさんへ:いつもえがおですてきだね。これからもいっしょにあそぼうね。]
[Mさんへ:登校中に「いっしょに歩こう。」って、声をかけてくれてありがとう。]
等々、1枚1枚読ませてもらうと、本当に心が温まる思いです。子どもたちも、「あっ、ぼくのことだ!」「これ、私のことが書いてある!」と、自分のことが書かれていると嬉しいでしょうし、「やってよかった」「またやろう!」という意欲にもつながると思いました。

なかよし祭

11月24日(木)には、児童会主催の「なかよし祭」がありました。6年生が中心となり、委員会ごとに「ジェスチャースナイパー」「めいろ&花当て」「図書館クイズ」「フレンドフードゲーム」「芸能人パズル」「打て、打て、ポイントゲット」の6つのアトラクションを準備してくれました。1年生から5年生は、縦割りのグループに分かれ、各コーナーをまわりました。どのアトラクションも、みんなが仲良く楽しめるように工夫されていたので、会場のあちらこちらから子どもたちの楽しそうな会話や、嬉しそうな声が聞こえてきました。
今年の「なかよし祭」のテーマ“チームで協力、どんどんクリア”に向け、みんなが力を合わせた一時を過ごしました。
なかよし月間は終わりましたが、更に全校が仲良しになれるよう努めてまいりたいと思います。


校庭スケートリンク

1125日(金)には、PTA三役ならびに厚生部員の皆様にご協力いただき、今年も校庭にスケートリンクを設置しました。

杭打ち、鉄パイプ組み立て、ガードレール設置、ビニール張り、溝掘り・溝埋め等、確実に作業を進めていただきました。昨年は暖冬の影響で、氷が張らず1回も滑ることができませんでしたので、今年は更に工夫を凝らし、リンクの面積を小さくしてもらいました。皆さんで手際よく作業をしていただき、すばらしいリンクができあがりました。ありがとうございました。

冬期間のスケート学習は、子どもたちが楽しみにしている授業の1つです。川上の地ならではの身近な校庭リンクで、スケートの力を付けてまいりたいと思います。

 

12月の学校の様子

お弁当day

7日(水)は、2年目を迎えた「カワイチお弁当デー」でした。

このお弁当の日は、「食事の構成(主食、主菜、副菜)が分かり、その栄養バランスとして、主食3:主菜1:副菜2の比率が適当であること知ること」、そして、「食べ物や作ってくれる人に感謝をすること」がねらいでした。各学年では、事前にメニューを考えたり、通常の給食をお弁当に詰めたりして、学年に応じた事前学習を進めてきました。

昨年は、ランチルームで全校が一緒になって食べましたが、今年は、風邪やインフルエンザの流行を防ぐため、各教室でお弁当をいただきました。全校でワイワイと食べられなくて、少し残念ではありましたが、どの子もニコニコしながら手作りのお弁当を食べていました。自分の手で関わったお弁当の味は格別だったようです。食べながら、お友だちともお弁当づくりの話題で盛り上がっていました。

 

保護者の皆様には、お弁当の日に向け、数々のご協力をいただき感謝申し上げます。これからも、川上第一小学校の食育教育をさらに充実してまいりたいと思います。


スケートクラブ

寒さが厳しくなり、スケートクラブの活動も本格的に行われています。既に「小海町長杯」「やまびこカップ岡谷大会」「県ジュニア」「軽井沢大会」が行われました。冬休み中の1/7(土)には「茅野ジュニア大会」、1/9(月)には「松原湖大会」が行われる予定です。クラブ員一人ひとりが自分の目標に向かい、寒さに負けず努力しています。

スケート教室

9日(金)には5,6年生、12日(月)には3,4年生、13日(火)には2年生、22日(木)には1年生のスケート教室がありました。また、22日(木)には46年生がスキー教室に行ってまいりました。今シーズン、初めてスケートやスキーをした子もいましたが、楽しみながら滑ることができたようです。スケートもスキーも、教室の終わりにはみんなが上達したようで、頑張って練習した様子がうかがえました。この教室に際しましても、保護者の皆様には数々のご準備いただき、ありがとうございました。


三校ジョイントコンサート

12/17(土)、村主催の「図書館まつり」で、川上三校の金管クラブによる「三校ジョイントコンサート」が開かれました。当日は、大勢の皆様が子どもたちの演奏をお聴きくださいました。今回で3年目ということもあり、三校共に今まで以上にレベルアップした姿を見せてくれました。村民の皆様に、児童・生徒の学びの姿を見ていただくことは、とても意義のあることだと思います。ご鑑賞いただき、ありがとうございました。


1月の学校の様子

読み聞かせ

3学期は、1~2月にかけて5回、読み聞かせボランティアとして「風の子」の皆さんが、子どもたちに読み聞かせをしてくださいます。その1回目が1/20に、2回目が1/27に行われました。お話に一生懸命、耳を傾けたり、絵を食い入るように見つめたりしながら聞く、子どもたちの姿がとても印象的な読み聞かせの時間です。寒い中、「風の子」の皆さんが、子どもたちのために学校を訪れてくださっています。あと3回(2/10,2/17,2/24)来ていただきます。信州型コミュニティースクールの一環として、地域の皆様のお力をお借りして実現している活動であり、大変感謝であります。


校内スケート記録会

今シーズンは、お陰様で校庭リンクでの滑走が可能となり、それに加えて帝産や松原湖でも練習を積み、記録会に臨むことができました。

そして、1/26(木)には、晴天+無風の最高のコンディションの元、校内スケート記録会を無事行うことができました。レースの中では、転んでも立ち上がりゴールまで頑張る子どもたちの姿がありました。一小の子どもたちは、寒さにも負けず、我慢強さや粘り強さが培われてきているなあと感じました。PTA役員の皆様をはじめ、保護者の皆様には、本校の特色ある教育課程をご理解いただき、校庭リンク作り・維持管理をしていただきました。お陰様で、子どもたちがスケートの時間を楽しみにし、技術面の向上を果たせたのは、皆様のご協力があったからです。今年度のスケート学習に係り、多大なご協力をいただきましたことに心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

お年寄りの皆さんとの交流会

1/18(木)、今年1/18(木)、今年も原地区の「ふれあいランチサービス」に、4年生がお邪魔させていただきました。

会場に見えたのは、12名のおばあさん方でした。まず『お正月』『信濃の国』を歌いましたが、みなさんが知っている曲でしたので、子どもたちと一緒に口ずさむ姿もありました。次に、一人ひとりが自己紹介をし、「誰の孫だい?」「おじいさんの名前は何だい?」などと質問されて答えていた子どもたちでした。そして、4人程のグループに分かれて「百人一首」をしました。子どもたちもお年寄りも真剣になりながらも、時間が経つに従いあちこちから笑い声や、歓声が聞こえてきました。子どもたちと触れ合うことで、お年寄りにも子どもたちのパワーを与えられたのではないでしょうか。4年生の子どもたちにとっても、いい経験の場になりました。次は2/22(水)、1年生が交流します。



2月の学校の様子

参観日

今年度最終となる、2/14(火)の低学年参観日、2/16(木)の高学年参観日には、お忙しい中、大勢の保護者の皆様にご来校いただき、ありがとうございました。一年間の学習の発表や、お家の方へのメッセージの発表、「二分の一成人式」など、各学年で工夫した授業を参観していただきました。どの子も一生懸命に活動し、輝いていました。一年間の学びの成果をご覧いただけたのではないかと思います。本年度身に付けた力を、次年度の学びにつなげてまいりたいと思います。

ふれあいランチサービス

1月には4年生が、2/22(水)には1年生が、原地区「ふれあいランチサービス」に参加させていただきました。

1年生の様子を紹介すると、はじめにしっかりと自己紹介し、続いて、けん玉や運動会でやったダンスを披露してくれました。発表が終わる度に、大きな拍手をもらって子どもたちも満足そうでした。

 最後は、おばあさんたちのそばに行って、子どもたちが似顔絵を描きました。「上手だねえ。」「そっくりに描けたね。」とほめられ、とても嬉しそうな1年生でした。あばあさん方も、可愛らしい1年生とたっぷり触れ合えて、笑顔や笑い声が広がったひとときで、元気をもらったことでしょう。


3月の学校の様子

六年生を送る会

6年生を送る会」が、3/3(金)に行われました。この会を中心に進めてくれた5年生にとっては、児童会を引き継いで、最初の大仕事になります。計画から準備・練習・当日運営までの全てを立派に行い、心に残る会となりました。1年生は、6年生とのツーショット写真入りカレンダーをプレゼントし、全校で「貨物列車」をして楽しみました。2年生は、元気一杯に「恋ダンス」を披露し、6年も一緒に踊りました。3年生は、6年生の似顔絵入り絵手紙をプレゼントしました。全校から「お~、似てる!」と驚きの声が上がるほどの出来映えでした。4年生は、卒業試験として6年生に問題を出しました。笑いありの楽しい試験でした。5年生は、学校のクイズを出しました。こちらも笑いありで、全校が大いに盛り上がりました。そして、最後は6年生がこの時期にピッタリの歌『39日』を歌ってくれました。とても心に染みる卒業生らしい歌声でした。また、本年度も村の「おたっしゃクラブ」の皆さん15名ほどがお見えになり、毛糸で作ったカーネーションをプレゼントしてくださいました。そのカーネーションには、「自分の目標に向かって進んでほしい」というお年寄りの皆さんの願いが込められているということを知り、胸が熱くなる思いでした。

在校生やおたっしゃクラブの皆さんにより、6年生に向けたお祝いムードでいっぱいで、幸せ気分の1時間となりました。

6年生の皆さん、卒業おめでとうございます。

 卒業生の皆さんは、6年間の様々な学習や活動や、友だち関係づくりを通して、身体も心も大きく成長しました。その全てが皆さんの大きな財産となっていくと思います。自分たちが蓄えた財産を大切にし、中学校でさらに大きく成長してくれることでしょう。1年生から5年生の皆さんも、一年間様々な学習や活動を通して、たくさんのことを学んできました。6年生に教えてもらったこと、優しくしてもらったことを忘れずに、また4月から頑張ってください。保護者の皆様におかれましては、この一年間、本校の教育活動について、ご理解・ご協力を賜り、誠にありがとうございました。お陰様で本年度も、学校行事等を滞りなく行うことができました。

 また、本年度も、数々のPTA活動でお力添えいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。職員一同、心より御礼申し上げます。